• 回答内容入力
  • 回答内容確認
  • 回答完了

ひらつか男女共同参画プラン2017市民意識調査票


回答内容の入力

操作方法のご説明

 下記の入力フォームに必要事項を入力した後、「回答内容確認」ボタンを押してください。
必須マークがある項目は、必ず入力してください。

 また、機種依存文字は使用しないでください。機種依存文字が入力されている場合はエラーになります。

 途中まで入力した内容を一時保存したい場合、「回答一時保存確認」ボタンを押してください。
 ただし、選択した添付ファイルに関しては一時保存されません。


【注意】30分でタイムアウトします。残り3分で警告が出ますので、続けて入力される場合は「タイムアウト時間延長」ボタンを押してください。

問1、問4は案内文を、問13は調査票の問12に掲載されている写真画像をそれぞれご参照ください。

【回答期限】9月30日(月)までにご回答ください。


IDコード
問1 案内文に記載されているIDコード(8桁)をご記載ください。
必須
8文字で入力してください。


はじめに、あなたご自身やご家族のことについてお聞きします。あてはまるものを1つずつ選んでください。
性別
必須

戸籍上の区分とは別にご自身の主観により選択してください。

性別



年齢
必須
年齢


結婚
必須
結婚



共働き
必須 入力不要
共働き



世帯構成
必須
世帯構成


「その他」を選択された場合にご記入ください。


子ども
必須
子ども


お子さんの年齢区分を教えてください。(あてはまるものすべて)
必須 入力不要
お子さんの年齢区分を教えてください。(あてはまるものすべて)





就業
必須

※仕事を一時的に休業している方(育児・介護休業等)は、休業・休暇前の就業形態をお答えください。

就業



就業していない
必須 入力不要
就業していない


「その他」を選択された場合にご記入ください。


今後の就業希望について教えてください
必須 入力不要
今後の就業希望について教えてください



就業している場合
必須 入力不要
就業している場合








男女平等意識と実態についてお聞きします。
問2 あなたは次の分野において、男女の地位は平等になっていると思いますか。1〜7の項目ごとに1つずつ選んでください。                      
1 家庭生活
必須
1 家庭生活





2 職場
必須
2 職場





3 学校教育の場
必須
3 学校教育の場





4 政治の場
必須
4 政治の場





5 法律や制度上
必須
5 法律や制度上





6 社会通念・慣習・しきたり
必須
6 社会通念・慣習・しきたり





7 地域活動(自治会・PTA・ボランティア活動など)
必須
7 地域活動(自治会・PTA・ボランティア活動など)






問3 あなたは「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」という考え方について、どう思いますか。あてはまるものを1つ選んでください。
必須

 

問3 あなたは「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」という考え方について、どう思いますか。あてはまるものを1つ選んでください。





問4 男女共同参画に関する次の言葉のうち、あなたが見たり聞いたりして、知っているものについてすべて選んでください。
必須

※用語については案内文の「用語の説明」をご覧ください。

問4 男女共同参画に関する次の言葉のうち、あなたが見たり聞いたりして、知っているものについてすべて選んでください。
















仕事や家庭、地域生活などについてお聞きします。
問5 生活の中での「仕事」、「家庭生活」、「地域・個人の生活」(地域活動・学習・趣味等)の優先度について、項目ごとに1つずつ選んでください。
1 あなたご自身の現状
必須
1 あなたご自身の現状








2 あなたの希望
必須
2 あなたの希望









問6 あなたの家庭では、次の1〜4のことを主に誰が担っていますか。項目ごとに1つずつ選んでください。ご自身に該当しない場合は、ご自身ならどうするか想定してお答えください。なお、配偶者には事実婚等のパートナーも含みます。
1 家事
必須
1 家事







2 育児・子育て
必須
2 育児・子育て







3 介護・看護
必須
3 介護・看護







4 自治会活動など地域の活動
必須
4 自治会活動など地域の活動








問7 あなたは、次の1〜4について、家庭における役割は誰が担うのが望ましいと思いますか。項目ごとに1つずつ選んでください。
1 家事
必須
1 家事







2 育児・子育て
必須
2 育児・子育て







3 介護・看護
必須
3 介護・看護







4 自治会活動など地域の活動
必須
4 自治会活動など地域の活動








問8 次の1〜9の中で、あなたが各活動に費やしている時間は一日のうちどれくらいですか。(配偶者がいる方は、その方についてもお答えください。)該当しない項目は、枠内に「−」を記入してください。回答の合計が24時間になるようにお答えください。
(1)あなた
仕事や学校がある日
1 仕事・学校(通勤・通学時間除く)
2 通勤・通学時間
3 家事(炊事、買い物、洗濯、掃除等)
4 育児・子育て
5 介護・看護
6 自治会活動などの地域活動
7 個人の時間(学習、趣味、友人付き合い等)
8 睡眠時間
9 その他
休みの日/仕事や学校のない日
3 家事(炊事、買い物、洗濯、掃除等)
4 育児・子育て
5 介護・看護
6 自治会活動などの地域活動
7 個人の時間(学習、趣味、友人付き合い等)
8 睡眠時間
9 その他

(2)配偶者
仕事や学校がある日
1 仕事・学校(通勤・通学時間除く)
入力不要

2 通勤・通学時間
入力不要

3 家事(炊事、買い物、洗濯、掃除等)
入力不要

4 育児・子育て
入力不要

5 介護・看護
入力不要

6 自治会活動などの地域活動
入力不要

7 個人の時間(学習、趣味、友人付き合い等)
入力不要

8 睡眠時間
入力不要

9 その他
入力不要

休みの日/仕事や学校のない日
3 家事(炊事、買い物、洗濯、掃除等)
入力不要

4 育児・子育て
入力不要

5 介護・看護
入力不要

6 自治会活動などの地域活動
入力不要

7 個人の時間(学習、趣味、友人付き合い等)
入力不要

8 睡眠時間
入力不要

9 その他
入力不要


問9 あなたは、仕事と子育て・家庭生活を両立するために、行政や企業においてどのような取組が進めば良いと思いますか。あてはまるものをすべて選んでください。
長時間労働の抑制について
長時間労働の抑制について



「その他」を選択された場合にご記入ください。


年次有給休暇の取得促進について
年次有給休暇の取得促進について



「その他」を選択された場合にご記入ください。


制度の整備について
制度の整備について







「その他」を選択された場合にご記入ください。


子育て支援等について
子育て支援等について







「その他」を選択された場合にご記入ください。



ドメスティック・バイオレンス(DV)についてお聞きします
問10 あなたは、次の1〜14の各項目のようなことが、配偶者やパートナー、交際相手の間で行われた場合、それを暴力だと思いますか。項目ごとに1つずつ選んでください。※暴力は、身体的・精神的・性的・経済的暴力等をいいます。
1 平手で打つ
必須
暴力だと
1 平手で打つ

2 殴るふりをして脅す、刃物などを突き付けて脅す
必須
暴力だと
2 殴るふりをして脅す、刃物などを突き付けて脅す

3 大声でどなる
必須
暴力だと
3 大声でどなる

4 大切にしているものをわざと壊す・捨てる
必須
暴力だと
4 大切にしているものをわざと壊す・捨てる

5 相手の交友関係や電話を必要以上に監視する
必須
暴力だと
5 相手の交友関係や電話を必要以上に監視する

6 携帯電話・メール・手紙などを勝手に見る
必須
暴力だと
6 携帯電話・メール・手紙などを勝手に見る

7 外出を制限する
必須
暴力だと
7 外出を制限する

8 何を言っても無視し続ける
必須
暴力だと
8 何を言っても無視し続ける

9 「誰のおかげで生活できるんだ」とか、「甲斐性がない」「稼ぎが悪い」などと言う
必須
暴力だと
9 「誰のおかげで生活できるんだ」とか、「甲斐性がない」「稼ぎが悪い」などと言う

10 家に生活費を入れない
必須
暴力だと
10 家に生活費を入れない

11 勝手に借金をする・無理に借金をさせる
必須
暴力だと
11 勝手に借金をする・無理に借金をさせる

12 相手が嫌がっているのにポルノビデオやポルノ雑誌を見せる
必須
暴力だと
12 相手が嫌がっているのにポルノビデオやポルノ雑誌を見せる

13 性的な行為を強要する
必須
暴力だと
13 性的な行為を強要する

14 避妊に協力しない・妊娠中絶を強要する
必須
暴力だと
14 避妊に協力しない・妊娠中絶を強要する


問11 あなたは、次の1〜14の項目のようなことについて、過去1年以内に配偶者やパートナー、交際相手に対して、「した」または「された」 経験がありますか。項目ごとに1つずつ選んでください。
1 平手で打つ
必須
1 平手で打つ



2 殴るふりをして脅す、刃物などを突き付けて脅す
必須
2 殴るふりをして脅す、刃物などを突き付けて脅す



3 大声でどなる
必須
3 大声でどなる



4 大切にしているものをわざと壊す・捨てる
必須
4 大切にしているものをわざと壊す・捨てる



5 相手の交友関係や電話を必要以上に監視する
必須
5 相手の交友関係や電話を必要以上に監視する



6 携帯電話・メール・手紙などを勝手に見る
必須
6 携帯電話・メール・手紙などを勝手に見る



7 外出を制限する
必須
7 外出を制限する



8 何を言っても無視し続ける
必須
8 何を言っても無視し続ける



9 「誰のおかげで生活できるんだ」とか、「甲斐性がない」「稼ぎが悪い」などと言う
必須
9 「誰のおかげで生活できるんだ」とか、「甲斐性がない」「稼ぎが悪い」などと言う



10 家に生活費を入れない
必須
10 家に生活費を入れない



11 勝手に借金をする・無理に借金をさせる
必須
11 勝手に借金をする・無理に借金をさせる



12 相手が嫌がっているのにポルノビデオやポルノ雑誌を見せる
必須
12 相手が嫌がっているのにポルノビデオやポルノ雑誌を見せる



13 性的な行為を強要する
必須
13 性的な行為を強要する



14 避妊に協力しない・妊娠中絶を強要する
必須
14 避妊に協力しない・妊娠中絶を強要する




問12 あなたは、配偶者やパートナー、交際相手からの暴力について相談できる場所として、次の窓口や機関があることを知っていますか。あてはまるものをすべて選んでください。
必須
問12 あなたは、配偶者やパートナー、交際相手からの暴力について相談できる場所として、次の窓口や機関があることを知っていますか。あてはまるものをすべて選んでください。








「その他」を選択された場合にご記入ください。



問13 平塚市では、市役所や公民館などの市内公共施設のトイレに「DV相談窓口のご案内」カードを配架しています。あなたは、「DV相談窓口のご案内」カードを知っていますか。あてはまるものを1つ選んでください。
必須

※「DV相談窓口のご案内」カードについては、調査票の問12に掲載されている写真画像をご参照ください。

問13 平塚市では、市役所や公民館などの市内公共施設のトイレに「DV相談窓口のご案内」カードを配架しています。あなたは、「DV相談窓口のご案内」カードを知っていますか。あてはまるものを1つ選んでください。





セクシュアルマイノリティ(LGBT 等)についてお聞きします
問14 あなたは、セクシュアルマイノリティ(LGBT等)という言葉を知っていましたか。あてはまるものを1つ選んでください。
必須
問14 あなたは、セクシュアルマイノリティ(LGBT等)という言葉を知っていましたか。あてはまるものを1つ選んでください。




問15 あなたは今までに自分の身体の性、心の性または性的指向(同性愛など)に悩んだことはありますか。あてはまるものを1つ選んでください。
必須
問15 あなたは今までに自分の身体の性、心の性または性的指向(同性愛など)に悩んだことはありますか。あてはまるものを1つ選んでください。



問16 セクシュアルマイノリティ(LGBT等)の方々にとって、現在の社会は偏見や差別などがあり、生活しづらいと思いますか。あなたの考えに最も近いものを1つ選んでください。
必須
問16 セクシュアルマイノリティ(LGBT等)の方々にとって、現在の社会は偏見や差別などがあり、生活しづらいと思いますか。あなたの考えに最も近いものを1つ選んでください。





問16で、「1 思う」 「2 どちらかと言えば思う」と回答した方にお聞きします
問17 それは、どのような理由からですか。あてはまるものをすべて選んでください。
必須 入力不要
問17 それは、どのような理由からですか。あてはまるものをすべて選んでください。









「その他」を選択された場合にご記入ください。



問18 あなたは、セクシュアルマイノリティ(LGBT等)の方々にとって、偏見や差別をなくし生活しやすい社会を実現するために、どのような対策が必要だと思いますか。あてはまるものをすべて選んでください。
必須 入力不要
問18 あなたは、セクシュアルマイノリティ(LGBT等)の方々にとって、偏見や差別をなくし生活しやすい社会を実現するために、どのような対策が必要だと思いますか。あてはまるものをすべて選んでください。







「その他」を選択された場合にご記入ください。



問19 現在、「同性パートナーシップ制度※」を制定している自治体がありますが、あなたは必要だと思いますか。あてはまるものを1つ選んでください。
必須

※「同性パートナーシップ制度」とは、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め、お互いを「パートナー」とすることを自治体が公に証明する制度。

問19 現在、「同性パートナーシップ制度※」を制定している自治体がありますが、あなたは必要だと思いますか。あてはまるものを1つ選んでください。





最後に、男女共同参画についてのご意見がありましたら、ご自由にご記入ください。